エコリサイクルセンター岡山

お問い合わせはコチラ

高梁市の粗大ごみを処分する方法5つサービス紹介

高梁市の粗大ごみを処分する方法5つ

使わなくなった粗大ごみや、引っ越しの時には必ず発生するごみの処分方法は、おおむね5つの方法があることを御存知でしょうか?粗大ごみとは一般の家庭ごみ(燃えるごみ、燃えないごみ、リサイクルごみなど)として行政が回収してくれない「大型のごみ」のことです。

粗大ごみは、主として耐久消費財(サイズの大きい家具や電気製品、運動用具)なのです。粗大ごみは以下に示す5つの方法で処分します。

家電リサイクル法対象品は、高梁市の自治体で回収できないため、他の方法が必要です。

粗大ごみ

効果的な処分方法5つ

これは持ち主のライフスタイルや、処分する動機などによって効果的な方法があります。以下のどの方法が最も適しているかは状況によって異なるでしょう。

1、不用品回収業者に委託する

短時間に処分しなければならない時や、ごみの量が多い場合は最適ではないでしょうか?粗大ごみの処分は通常、市町村の担当部署が行っていますから、その部署に問い合わせて、または収集を依頼しなければなりません。今日電話して明日の処分は無理でしょう。

時間にある程度余裕が無ければ、行政機関にお願いすることはできません。その点、不用品回収業者は臨機応変、依頼者のニーズにこと得てくれます。突然の依頼にも応じてくれるでしょう。

2、市町村の粗大ごみ担当部署に依頼して収集していただく

粗大ごみの数量が少ない(例えば3個程度)場合は、市町村の環境課(市町村によって担当部署名は変わります)に電話をして引き取りを依頼しましょう。この方法は時間的に余裕が無いといけません。電話する手間や、依頼してから収集までに時間がかかります。

もちろん依頼者本人が、ごみ収集センターまで持ち込めば短時間で終わるでしょう。一般的には粗大ごみ1ヶ当たり\500円(持ち込むと¥300円)の費用がかかります。(費用は市町村ごとに決められていますから担当部署で確認してください)

3、リサイクル業者に売却する

粗大ごみに価値が有れば有効な方法でしょう。家具や家電製品で購入してからまだ時間がたっていない、ほとんど新品に近い、未使用であるなどの条件がそろえば、粗大ごみとしてではなく「商品」として売却できます。以上述べた条件に当てはまるならリサイクルセンターに依頼し、売却しましょう。ただし値段は買い手市場になりますから、思ったよりも安い値段になるかもしれません。

4、インターネットオークションで売却する

処分する品物が少ないし、急いで処分する必要もなければヤフーオークションなどのインターネットを利用するのもいいでしょう。オークションに出品して気長に落札者を待ちましょう。オークションの場合は市場が日本全国ですから、貴方の不用品を欲しがっている人がいるかもしれません。

珍しい物や販売収量が少ない物は高値で落札する人がいるかもしれません。何処にでもある品物や使い古した物は落札できないので注意して下さい。

5、知人友人に引き取っていただく

粗大ごみの処分方法としては、あまり一般的でないので、おすすめはできません。仲が良くて気さくな性格でないと使い古した品物は譲れないでしょう。緊急を要する場合や、処分品が多い場合には不適当でしょう。

家電リサイクル法に則り処分する粗大ごみ

家電リサイクル法で処分方法が決められているのは、テレビ、洗濯機、冷蔵庫(冷凍庫)、エアコンの4種類です。そして「粗大ごみ」は電気店にお願いして引き取ってもらうか、買い替えの場合は「下取り」になります。

これらの方法で処分できなければ「家電リサイクルセンター」に依頼しましょう。処分費用は「収集運搬料金」に「リサイクル料金」が上乗せされます。

粗大ごみの具体例

・家具や寝具(応接セットや椅子、布団、ホットカーペットなど)
・スポーツ・レジャー用品(ゴルフバッグ、自転車など)
・電気製品類(小型扇風機、小型掃除機、アンプ、スピーカーなど)

まとめ

粗大ごみの処分は厄介で時間もかかります。一番のおすすめは「不用品回収のプロ」に任せることです。忙しい現代社会ですから時間と手間とをかけるよりも業者にお任せした方が効率的なのです。

不用品回収のご相談は、こちらのページです


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ