エコリサイクルセンター岡山

お問い合わせはコチラ

総社市の粗大ごみを処分する5つの方法サービス紹介

総社市の粗大ごみを処分する5つの方法

家庭生活で不要になった粗大ごみや、引っ越しの時に発生する粗大ごみの処分方法は大きく分けると以下の5つの方法があります。

粗大ごみとは日常生活で発生し、通常のごみ(一般ごみや燃えないごみなど)として廃棄できない「大型のごみ」を言い、主には耐久消費財(スポーツ用品、家電製品、家具類)の事を言います。以下に粗大ごみの5つの処分方法をご紹介します。

家電リサイクル対象品は、総社市の自治体で処分できないため、他の方法が必要です。
粗大ごみ

粗大ごみを処分する5つの方法

粗大ごみを処分する方法を「便利度、有効度」から判断して、その順番に概要を説明します。

1、不用品回収業者に依頼する

一般の消費者にとっては粗大ごみと一般ごみの区分けが難しく、迷う場合があります。市町村の専門部署に問い合わせればわかりますが、大変面倒なことでしょう。不用品回収業者は、その知識や経験が豊富であり、処分を任せれば直ぐに対応してくれます。

また今は便利な「不用品回収一括見積もりサイト」がありますので、インターネットから住居地域やゴミの種類、処分する目的など簡単な項目をインプットすると簡単に複数社の見積もりが取れます。そして結果を見て「一番安い業者」にお願いすればいいのです。業者によっては「引き取りキャンペーン」を行っていて、格安で粗大ごみを処分することが出来ます。

2、市町村の粗大ゴミセンターに引き取っていただく

お住まいの市町村担当部署に確認する必要があるが、おおよそ粗大ゴミ1ヶ当たり¥500円程で引き取ってくれます。処分の仕方が2種類あり、ゴミ収集センターに直接持ち込む方法と、特定の日ですが自宅や自宅付近に収集に来てくれる場合があります。

3、リサイクルセンターを利用して売却する

付加価値があり、リサイクルできそうな物(たとえばTVや冷蔵庫、洗濯機など)はリサイクルセンターを利用するのも良いかもしれません。しかしながら、それ相当の価格で売れると思っていた商品が、逆に引き取り料金を請求される場合も考えられ、結局は「損」をする場合もありますので要注意です。

4、ネットオークションで売却する

ある程度処分する時間に余裕が有ればネットオークションで売却することも出来ますが、確実性が無いうえに時間がかかる場合もあります。そして大型商品ですから売値よりも輸送費が高くなり、買い手も売り手も「メリットが無い」と言う事態になる可能性があります。

5、友人や知人に引き取っていただく

友人や知人が多くいる場合は、自宅に招いて「欲しい物」を引き取っていただくこともできるでしょう。しかし全ての粗大ごみを引き取ってもらうのは通常は無理と考えておくべきです。まだ新しい商品や、珍しい商品などは引き取り手もあるでしょうが、昨今の物余りの時代、どこの家庭でもある様な普通の電気製品や家具類は引き取り手が無いでしょう。ですから確実に処分するのは無理と考えておくべきです。

家電リサイクル法に該当する粗大ゴミ

テレビ、洗濯機、冷蔵庫(冷凍庫)、エアコンの4種類が該当します。そして「粗大ごみ」としては処分できないことになっています。家庭で不要になった場合は購入した電気店に引き取ってもらうか、もしくは買い替えの場合は「下取り」をしてもらうことになります。以上の方法で処分できない場合は「家電リサイクルセンター」にて引き取り処分する必要があり、この場合は「収集運搬料金」と「リサイクル料金」がかかります。

粗大ごみの具体例

・家具類(ソファー、応接セット、椅子、布団、ホットカーペットなど)
・スポーツ用品(スキーの板、スノーボード、自転車など)
・電気製品(扇風機、掃除機、アンプ、カセットデッキ、スピーカーなど)

まとめ

面倒で厄介な粗大ごみの処分は不用品回収のプロに任せましょう。そうすれば「いつでも」「手間いらず」で、また金銭的にも「お得に」利用できるでしょう。

当社の無料見積もりはこちらのページです。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ